マイナスとマイナスを×とプラスになるのはどうしてだろうと、子供の頃からこだわって来た。映画「π」ほどの狂気はないが、直観的な理解しがたさはかなりなものだ。
そして、これが実は、数学的に証明できることを知ったのは、つい最近になってのこと。
『数の論理』という講談社ブルーバックスは、この証明だけで一冊が成り立っている。サブタイトルはまま「マイナスかけるマイナスはなぜプラスか?」。
 この本を読んでも、「納得」というわけにはいかない。
が、数学基礎論的な疑問だったということは分かる。
数学には「操作」、つまりそうしておいたほうが便利だから、というものもけっこうあるのだ。この証明、「あとづけ」なのかどうなのか、はまだ確かめていない。

★ 『こだわり』記事コンテスト参加中

この記事を評価する


コンテストは、 こだわりを表現できるコミュニティ 『ものしり天狗』の協賛で開催中です。



 カテゴリ